読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

医療保険って必要?各種特約、先進医療は?

 

高額療養費医療制度

 

 

 

この制度、みなさん知っていますか?難しい言葉だと思ってページを閉じないでくださいね笑 とても重要な制度で、私たち全員が、例外なく知っておかなければならない制度です。なぜならば、私たち国民が原則全員この制度の対象であり、その内容がとても優れているからです。

 

 

 

 

突然ですが、みなさんは医療保険に加入していますか?医療保険というのは、「入院したらいくら」、「手術したらいくら」という病気のための保険です。がん保険も、同じタイプの保険になりますね。

 

 

 

 

保険会社の営業マンやセールスレディは、

 

 

 

 

 

「病気は必ずかかるものだから」とか「万が一医療費が高額になったら・・・」と、得意の営業トークでこの医療保険に加入させてきます。たいていの場合、医療保険にいらない特約(死亡保障とか、特定の病気になった時の追加の保障とか)をつけて、単価を上げて売ってきます。

 

 

 

 

 

しかし、既に色々な場所で議論されている通り、我が国における医療保険の必要性には疑問が残っています。結論から言うと、必要なことは必要ですが、その保障は「限りなく薄いもの」で良いのです。具体的には、①入院日額5,000円、②先進医療特約、この2つさえカバーされていれば問題ありません。私の本職は保険なので、これは特に自信を持って断言できます。

 

 

 

 

その理由が、冒頭で述べた「高額療養費医療制度」にあります。

 

 

 

 

この制度は、平たくいうと

 

 

 

 

 

「1か月の中で、もし一定金額(所得によって変わりますが、だいたい57000~90000円)以上、医療費の自己負担があるようであれば、超えた分は国が返金します。」

 

 

 

 

 

という制度です。知ってました?これ、健康保険や国民健康保険の制度のうちの一つなのですが、冷静に考えて最強の保険だと思っています。日本は国民皆保険制度を採用しているので、実質的には国民全員が、この制度の対象となります。

 

 

 

 

 

すなわち、既に私たちは、医療保険を超える最強の保険に加入しているのです。ですから、医療保険で準備すべきなのは、高額療養費医療制度で対象外の部分(多くの場合57000~90000円)だけなのです。

 

 

 

 

 

この制度を考慮した上で、医療保険を設計しなければならないのですが、多くの保険営業マンは、この制度を教えてくれません。教えてしまうと、契約する保険の保障が薄くなる→保険料が減る→営業マンの給料が減るという単純な理由です。

 

 

 

 

 

医療保険はその仕組み上、「入院時の日額給付額をいくらにするか」で毎月の保険料が大きく変わってきます。ですから、下記に、「日額給付額の決め方とその考え方」を記載します。答えとしては、上記に記載の通り、日額5,000円が正解です。

 

 

 

 

 

今日、全ての病気を合わせた平均の入院日数は約30日生命保険文化センターより)と言われていて、それは年々短縮傾向です。医療が進歩していくので、年々入院日数が少なくなることは当然ですし、今後もどんどん短くなります。

 

 

 

 

 

まぁ、ここは楽観視せずに30日の入院日数としましょう。多くの場合、高額療養費医療制度により1か月約90000円以上の自己負担というのは稀なので、医療費の自己負担を90000円としましょう。すると、90000円を平均入院日数の30日で割った金額、すなわち

 

 

 

 

1日3,000円

 

 

 

 

が、医療保険の日額給付で準備しなければならない金額(=高額療養費医療制度で対象とならない部分)となります。

細かく言えば、差額ベッド代金(入院するとき、個室を選ぶと取られる料金)や、食費は医療費としてはみなされないので、その部分は別に準備しなければなりません。大した金額にはならないし、個室なんて贅沢しなければお金もかからないので個人的にここは無視してよいと思っています。

 

 

 

 

 

とは言え、入院すれば家族がお見舞いにくれたり、生活用品を揃えたりと色々お金もかかると思うので、その分として、推奨金額はプラス2,000円して合計5,000円としています。ちなみに、多くの場合は、日額10,000円で保険を勧められます。保険会社のパンフレットにも、日額10,000円で書かれている場合がほとんどです。騙されてはいけません、10,000円は、間違いなく過大な保障です。

 

 

 

 

 

次に、先進医療です。

 

 

 

 

これは単純に、先進医療が健康保険等の保証対象外で、全額自己負担となるため、自己資金で賄うことが難しいからです。典型的な、保険を必要とするパターンですね。

 

 

 

 

有名なのがガンの放射線治療ですが、高いと200万とか300万とか普通にかかります。健康保険対象の治療に、抗がん剤や手術での切除がありますが、どちらも身体、そして精神的なダメージが大きいので、先進医療の選択肢は持っておいた方が良いのです。

 

 

 

 

先進医療は現在はだいたい2,000万くらいの保障タイプが一般的ですが、驚くべきはその保険料。保険会社内部にいたからこそわかることなのですが、先進医療の特約は毎月90円~100円くらいです(笑)費用対効果抜群ですね。この特約の加入に迷う必要は一切ありません。とにかく必ず入りましょう!

 

 

 

 

最後になりますが、国内生保はとにかくダメ、必ず外資系生保もしくは損保系生保(ひらがなの生保)、ネット保険で入りましょう!

 

 

 

 

今回の話をまとめると、

 

 

 

医療保険は入るべき

 

〇でも保証は最小限に

 

〇具体的には①入院日額5,000円、②先進医療特約付帯

 

 

 

 

です。賢くお金を使って、充実した人生にしていきましょう!