読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

副業収入(毎月1万円~3万円)なら不動産投資

投資

目次

 

「副業」という言葉がここ数年流行っています。サラリーマンとしての給料だけでは生活が苦しくなっているという、世の中の風潮を繁栄しているのでしょうか。

スポンサーリンク
 

 

 

僕も、サラリーマン時代には副業については様々な試行錯誤をしました。アマゾンやe-Bayなどの物販、アフィリエイト、さらにはネットワークビジネスにまで手を出していました。しかし、どれも時間がかかりすぎるのです。激務で知られる部署に在籍していた僕には、体力的にも精神的にも長続きしませんでした。

 

 

そこで出会ったのが、不動産投資でした。

 

 

 

不動産投資は「ビジネス」である 

不動産投資はその名の通り、「投資」という名前がついていますが、僕はこれを「事業」だと考えています。1000~2000万ほど銀行からお金を借り入れて、オーナーとして人が住む場所を購入し、実際に人に提供する。これは、例えば銀行から融資を引き新しくラーメン屋を立ち上げ、ラーメンをお客様に提供するのと同じだと考えています。投資ではなく、しっかりとした「事業」なのです。

 

 

 日々忙しいサラリーマンに最適

この不動産投資(事業)は、当時の僕を始め、サラリーマンとして日々忙しく働かれている方にはピッタリな副業ですし、副業としてはかなり収益性の高い事業だと考えています。事実、私も不動産投資を始めて5年が過ぎましたが、これまで行った全ての投資、副業よりもトータルで利益が出ています(※区分で3つ所有しています)。具体的な金額は、月々3万が手に入りますし、バランスシートで考えれば、10万円近くの利益が毎月出ています(毎月の銀行へのローンの返済よりも、毎月の家賃収入の方が3万円上回っている、という意味です。バランスシートについては少し難しいので、内容気になる方は個別にコメント等ください。また、頭金で3件合計で200万入れています。)

 

不動産投資の5つのメリット

具体的なメリットとして、下記5点があります。

 

 

①手間がかからない

 

②会社の信用を借りて銀行から融資を引っ張れる

 

③毎月家賃収入が入る

 

④繰上返済(平均して年利で3~5%の収支改善)という選択肢が増える

 

⑤売却益が狙える・・・かも

 

 

 

 

以上、多くのメリットがあります。もちろん、サラリーマンの方でなくても不動産投資は可能ですが、融資を引く際の審査が非常に厳しくなってしまいます。言い換えれば、サラリーマンだからこそできる、最強の副業です。

 

 

物件は自分で選ばないこと

空室リスク等、様々なリスクが気になると思いますが、きちんと物件を選ぶことによりリスクを最小化できます。要は、

 

 

どの物件を買うか

 

 

ということがとても重要になります。しかし、繰り返しになりますが、当時の僕を始め、多くの方は物件を何件も見る時間、そして調べる時間はありません。ちなみに、不動産投資をする時は、「1,000件物件を見てから1件買え」なんて言われているほどです。なので、

 

 

自分で探すのは諦めましょう

 

 

どうゆうことかというと、信頼できる不動産会社を探すのです。自分で1,000件物件を見るよりも、既に1,000件見ている人を捕まえた方が圧倒的に費用対効果が良いのです。

スポンサーリンク
 

 もちろん、今後の都市開発地域とか、駅からの徒歩圏内とか、その土地の特徴(学生が多いのか独身社会人が多いのかファミリーが多いのか)、風呂トイレは別か、独立洗面台はあるのか等、ある程度自分で知識を持っておくことは重要です。ただし、情報量では不動産会社には勝てませんので、そこは協力してやっていくことが必要になります。

 

 

 

選ぶ不動産会社を間違えると、法外な利益を乗せて物件を売ってきますので、業者の選定は本当に気を付けてください。もし、提示された収益シュミレーションで、毎月の支払いが家賃収入を上回っている(毎月赤字になる)なら、すぐに撤退しましょう。僕も、何度も何度も騙されそうになったので・・・

 

 

 

副業としての不動産投資の優位性とそのやり方はご理解いただけたでしょうか?

 

 

 

オリンピックで不動産価格が上昇、とありますが、僕が見ている限り、まだまだ東京の不動産は割安です。日本の今後のインフレリスクは非常に高いと個人的には見ていますが、不動産はインフレリスクにも対応します。

 

 

  

自慢話になってしまいますが、僕は誰もが知るような大企業に当時在籍していました。僕が会社に入ってよかったな、と思えたのは2つの場面だけです。1つは、合コンで印象が良い。笑 そしてもう一つは、不動産の融資が引けた時です。せっかくの武器を活かさない手はありません。ぜひ、ご検討いただければと思います。

スポンサーリンク