読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

チャートが見やすい証券会社はどこ?|株価指数・FX・先物

「よし、投資をしよう!」

 

そう思い立って次に行うことが、証券口座の開設ですね。これから長く付き合っていくシステムであり、またこれで資産を構築していくのですから、どこの証券会社のシステムを使うのかは非常に重要です。特に、「チャートの見やすさ」を意識している方は多いのではないでしょうか?相場の中長期のトレンドや、各種テクニカル指標等も含めて、全てチャートの画面を使用します。エントリーのタイミングや数量などを決定するにあたり、とても重要なポイントとなりますね。

 

私も自身でトレードを使い、またそれを人に説明するにあたり、数多くの証券会社の口座を保有しておりますが、最もレベルの高い取引ができるのは間違いなくIG証券でしょう。

 

 

下記、チャートの画面(日経225先物ミニ)です。とても見やすい・・・ですよね?笑

 

f:id:ebina0127:20160727182835p:plain

 

また、一目均衡表を表示させるとこうなります。

f:id:ebina0127:20160727183040p:plain

フィボナッチも表示できます(株価指数でフィボナッチ描けるのは珍しいです)。

f:id:ebina0127:20160727183639p:plain

さらに、期間だって自由自在です(下記は1996年からの月足チャートです)。過去のITバブルやリーマンショック、チャイナショック等のイベント時の相場の動きを研究したい方には最適です。

f:id:ebina0127:20160727184548p:plain

 

以上がチャートの実際の画面になります。さらに、IG証券の株価指数の算出の仕方は特殊でシンガポール証券取引所(SGX)とシカゴ証券取引所(CME)で取引される日経平均先物を足して2で割った数字を指数として取引できるところに特徴があります。通常の証券取引所では、大阪証券取引所で取引される日経平均先物を取引しますが、IG証券ではよりグローバルに世界を見ることができます。意外と知られていませんが、IG証券はトレードの本家イギリスに本社を置く企業です。しかも、IG証券のイギリス法人であるIG Indexは数少ない上場企業の一つです。そのシステムのインフラは非常に充実しており、一つの口座で株価指数、FX、商品先物、債券を同時に管理することができます。

 

 いかがでしたでしょうか?見やすさと実用性を兼ねそろえている証券会社はあまり多くはありませんが、私の知る限りIG証券は最も質が高い会社です。デモトレードも利用可能ですので、ぜひ開設してみてください。

以下は実際にIG証券を使ってみた感想や具体的なメリット・デメリットを記載したページです。こちらも是非ご覧ください。

financial-planning.hatenablog.com