読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

ボーナスの使い道|資産の効率的な運用と活用

毎年二回やってくるボーナスシーズン。この記事を見ているあなたも、その使い道に迷っているのではないでしょうか?

 

私はFP(ファイナンシャルプランナー)として、年がら年中お金のことばかり考えていますが(笑)、ボーナスのようにまとまったお金が入るタイミングは資産運用の観点から非常に重要です。それは、取り得る選択肢が多いからです。

スポンサーリンク
 

 

 

▽浪費と投資

ボーナスが入った時についつい陥ってしまうのが、「数万円くらいいっか」という甘い誘惑ですね。ボーナスがあるから、1万円が1万円で見えなくなってしまうだけで、冷静に考えてその1万円は非常に貴重なものです。

 

要は、浪費をしないことです。浪費とは、言葉を崩せば無駄遣いということ。今の一時の快楽等に使うお金であり、未来のあなたのためには一切ならないお金のことです。ボーナスが入りお金を使う時、「これは投資か浪費か?」ということを自問自答するようにしましょう。

 

▽では投資とは何か?

投資、というと、株を買ったり不動産を買ったり、ということを連想する人も多いかと思います。しかし、金融や不動産のように、将来的な経済的な損益だけを求めるのが投資ではありません。

スポンサーリンク
 

 

例えば、書籍の購入があります。本を読み、学び、それを日々の仕事や生活にて実践することで、人生の充実度が大きく変わります。何かセミナー等に参加してみても良いです。普段は会わないような人と会ってみるのも良し。これらのことをすると、何が起こるか?分かりやすい例を言えば、仕事でのパフォーマンスが向上し、給与が上がるかもしれません。このように、将来的にプラスになって返ってくる行動、それを「投資」と呼びます。

 

 

大きなお金を使う場面はもちろん、日々の生活の中でも、この「浪費」と「投資」の考え方を常に持つようにしましょう。私は、どんな物事でも浪費はしないように心掛けています。今、私が大きな資産を持って、老後のセカンドライフを生きているのであれば、当然話は違います。残された余生を楽しい時間とするため、浪費だ投資だだの考えずに、好きなようにお金を使うでしょう。しかし、現実は違います。私はまだ20代後半、まだまだ先が長いのです。それであれば、目の前の欲にお金を使うのではなく、残された長い人生にお金をかけるべきです。その方が、人生トータルで見た時に、必ず幸せになります。

 

 

今の欲を優先して将来泣くか、今の欲を我慢して将来笑うか、皆さんはどちらの人生が良いでしょうか?少しでも、実際のボーナスを使う際のマインドの参考となれば幸いです。

 

具体的に何にお金を使うべきかは、それぞれの支給額、家族環境、資産状況により異なります。株を買うべきか、為替のポートフォリオを修正すべきか、不動産の繰り上げ返済に回すべきか、何かサイドビジネスの初期費用とするか、方法は人それぞれです。使途に迷っている方等いれば、ぜひご相談ください。

スポンサーリンク