読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

貧乏だと感じる年収はいくら?|お金が貯まらないと悩む人に

世の中にはワーキングプアーという言葉があります。ワーキングプアーとは、職には就いているものの、満足な収入を得ることができず、生活に苦労する人たちのことを指します。具体的にその収入水準は「年収200万円」とされていますね。なんと、女性の約40%がこのワーキングプアーに該当すると言われています。しかし、実際に人々が「自分は貧困層だ」と感じる収入ランクはどの程度でしょうか?実際のデータを基に検証していきます。

スポンサーリンク
 

 

 

以下のようなデータがあります。

 

Q、年収いくら以下から、自分は貧乏だと感じますか?

 

1位、300万円

2位、200万円

3位、250万円

4位、350万円

5位、400万円

 

 

いかがでしょうか?ワーキングプアーの定義こそ、年収200万となっていますが、実際は年収300万円から「自分は貧乏だ」と感じる方は多いようです。このようなデータを見るときに必ず考えなければならないのが、「額面」と「手取り」ですね。上記は全て額面の話。実際に手元に残る手取りの金額とは異なるのです。

スポンサーリンク
 

 

 

そう考えると、年収300万円といっても、手取りにすると約240万円ほど。賞与を考慮せずに考えると、毎月20万円が手元に残るというイメージですね。賞与込みでこの金額ですから、特に東京都のように家賃が高い場所に住むとなると、20万円の金額では満足のいく生活が送れません。現実的に、実家に居候させてもらう、パートナーと同棲する等して家賃を削減しなければ、老後のための貯金を始め、ご自身のレジャー費用も含めて貯金ができませんね。

 

 

あくまで価値観は人それぞれですので、これで十分と感じる人もいれば、そう感じない人もいることでしょう。もし、あなたがそう感じない(=自分の収入では貧乏だと感じている)のであれば、すぐに行動に移すべきです。具体的には、下記のいずれかの手段になるでしょう。

 

1、報酬の良い職へと転職する、またはスキルアップして今の仕事での収入アップ

2、現在の支出を減らす(上記にある実家居候など)

3、サイドビジネスをする

4、投資をする

 

現実的な手段としては、上記の4つしかないでしょう。一番重要なのは、やはり1になります。これについてはローリスクであり、かつ一生涯続くものですので、最優先で動くべきでしょう。私が専門にしているのは3、4の二つの項目ですが、投資に頼って人生を台無しにしてしまった人を何人も見てきました。同じく、副業にのめり込みすぎて本業で結果が出ず、さらに環境が悪化してしまった人も多くいます。

 

 

今の収入を「貧乏な水準だ」と判断するのは個々の自由ですが、行動は慎重に、かつ優先順位を間違えないようにしていくことが大切です。実は私も、この優先順位を間違えて失敗した人間の一人です。しっかりと筋道立てて考え、収入アップを目指していきましょう。

スポンサーリンク