読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

投資詐欺要注意人物<大石 佑哉>

また、投資詐欺の確定情報が入りましたので、レポートです。

 

<投資案件>

・FX

・株式投資

・不動産

・その他ファンド案件

 

<案件元>

氏名:大石 佑哉(おおいし ゆうや)

出身地:岡山県真庭市

居住地:東京都世田谷区

出身大学:大阪教育大学

出身高校:津山工業

出身中学:久世中学校

年齢:30〜32歳(推定)

 

<詐欺内容>

株式投資やFX、その他のクローズド投資案件と称し、裏では全く別のハイリスク・ハイリターン案件で運用を行なっていた。契約書などは使用せず、資金のやりとりも現金であり、典型的な詐欺案件。結果として、当案件はデフォルトし、債務不履行状態。当案件は実質利回りが月利で20%にも及ぶが、実際に投資家に配当していたのは2%ほど。SNSサイトでは、そのような不当な活動で得た利益で海外を旅しながら豪遊していた様子が見て取れる。実質的には当該人物は案件元ではなく、単なるブローカーである。

 

<現在の活動>

現在も投資のための集客は継続して行っており、注意が必要。名目として「コンサルティング」と称して近づいた後、投資勧誘されることが多い。SNS等を使用して、突然メッセージが来ることも多い。不動産の販売も行っているが、それは「低所得者向けの販売」であり、裏ルートで審査を通すというかなりブラックな手法である。当然、購入後のシュミレーションはマイナスであり、絶対に買ってはいけない。

 

実際にデフォルトした案件の被害者数は推定10人ほど。一部裁判沙汰になっており、全員が元本償還されていない。投資家との連絡は一方的に絶っており、姿をくらませている。

 

当案件について何か情報がありましたら、こちらのコメント欄にて共有をお願いいたします。投資詐欺は人の人生を台無しにする、絶対に許してはいけない行為です。皆で情報を共有し、投資詐欺の撲滅を目指しましょう。