読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

無料株式チャート|テクニカル分析でのオススメ

投資

株式投資をする上で、必ず必要となるのが「チャート」です。ファンダメンタルズ分析(チャートではなく、経済要因や企業の個別要因、地政学的要因を重視する分析手法)においても、基本的には使う場面はないものの、いざ買う(売る)場面が来た時にそれが過去と比べて割安なのか、もしくは割高なのかを判断できる重要なツールです。テクニカル分析においては言うまでもなく、切っても切り離せない重要なツールとなります。

 

スポンサーリンク
 

 

 

このチャートですが、証券会社に口座をお持ちの方であれば、その証券会社にて提供しているツールを利用できます。しかし、それがまた非常に使いづらいものが多い・・・

 

 

 

そこで、今回は「無料で使えて」かつ「質の高い」チャートはどこか!?ということで、片っ端から調べてみました。

 

 

 

結論から言えば、それは「Yahoo Finance(米国版)」、もしくは「Yahoo Finance(日本版)」この2つです。

 

米国版 

^N225 Interactive Stock Chart | Yahoo! Inc. Stock - Yahoo! Finance

 

日本版

info.finance.yahoo.co.jp

 

 

 

いくら無料と言えども、一定の質のテクニカル指標は欲しいですし、過去のチャートも直近1年や2年ではなく、10年スパンでのチャートがあるに越したことはありません。Yahoo Finance(米国版)においては、無料ながら過去数十年遡ったチャートを見ることができます。視覚的にもとても見やすいですし、唯一のデメリットである、「使用できるテクニカル手法が少ない」という点に関しては、「Yahoo Finance(日本版)」にてカバーすることができます。「Yahoo Finance(日本版)」では、米国版にはない一目均衡表などが使用できるのです。

 

 

 

英語表記であることは最初だけ少し戸惑いますが、使う単語も限られている上、覚えておくといずれ役立つと思います。トレードの世界は英語がベースですから、チャートによく写し出されるよくわからない英単語等が理解できるようになりますよ(例えば移動平均線を出すとだいたい上部に表示される「MA60, MA200」などは、Moving Average、すなわち移動平均線のことで、数値は平均日数のことです)。

 

 

 

使ったことがある人は実感できると思いますが、本当に、証券会社で提供しているツールって意外と分かりにくいんですよね、、、ぜひ、無料かつ良質なツールを探している方いらっしゃれば、ご覧になってみてください。

スポンサーリンク