読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Financial Academia

資産運用に関する情報発信サイトです。投資・不動産・保険・経済等、金融知識を身に着けることができます。

月利3%!?グローバルマクロ(ヘッジファンド)の手法を使って投資で稼ぐ!プロジェクトスタートのご案内

グローバルマクロ自己運用手法

☆当サイトのメインイベント☆

<ヘッジファンドのトレード手法 "グローバルマクロ" を活用し、個人トレードで利益を狙う!【目標リターン:月利3~5%】>

 

こんにちは。管理人のロブです。

 

上記の通り、<ヘッジファンドのトレード手法 "グローバルマクロ" を活用し、個人トレードで利益を狙う!【目標リターン:月利3~5%】>を別サイトにて2016年4月1日にスタートします。これは株やFXを始め、各種デリバティブ取引、不動産投資等を行う全ての投資家の皆様、そしてこれから投資で稼ぎたいという方のための試験的なプロジェクトです。大金を払って欧州のヘッジファンドトレーダーに弟子入りし、習得したノウハウを、ここで全て公開していきます。少なくとも半年間はずっと無料です(多分1年間くらい無料だと思います)。

 

今後、別サイト「グローバルマクロ投資養成講座(URL近日記載)」に各項目ごと記事を追加していきます。順に読み進めることによって、運用知識とノウハウが身に付くようになっています。ただの情報伝達では面白くないので、私も一緒にトレードしていきます(取るポジションについてはメルマガ限定配信)。様々な観点からマーケットを見ますが、実際に運用対象とするものとして、主に日経平均先物、為替(FX)とします。本来は原油先物、国債先物、オプション取引など行いたいのですが、それでは汎用性が維持できないためです。

 

スポンサーリンク
 

 

ヘッジファンドやグローバルマクロの運用手法については下記に説明を記載します。内容ご一読いただき、もしご興味あれば当サイトを読者登録していただくか、ブックマークし、定期的に見ていただければと思います。とはいえ、招待不明の管理人「ロブ」を信用できないと思うので、まずは僕の取るポジションで本当に月利3~5%儲かるのかどうか、僕が取るポジションをリアルタイムで配信するメルマガに登録してみてください。

※サイトでなくメルマガで配信する理由は、サイトだと後日内容の編集ができてしまい、僕が数値を胡麻化すことができてしまうためです。

 

☆メルマガ登録はこちら➡ http://goo.gl/forms/Eo9K1Bxc5c

 

 

***************************************

2015年8月のチャイナショック以降、2016年5月現在に至るまで、株式や為替、そして原油のマーケットは非常に大きなボラティリティの中動いています。この長期的な下落相場で、大きな損失を抱えてしまった投資家の方も多いと思います。

 

 

このようなマーケットの下落局面で注目を浴びる商品はいくつかありますが、最近になって話題になる回数が増えたのは「ヘッジファンド」です。通常のファンド(投資信託)との違いは、その多岐にわたる運用手法でしょう。投資信託が「バンド(=使ってる楽器はギターとマイクだけ)」だと例えれば、ヘッジファンドは「オーケストラ(=ピアノ・トランペット・バイオリン・サックス何でもあり!)」といったところでしょうか。例えが分かりにくくてすみません、、、

 

 

今回のような下落局面においても、ヘッジファンドであれば利益を狙うことができます。なぜならば、「空売り」と呼ばれる投資ができるからです。株を持っていなくても、「売り」から入れるということですね(※空売りについては経験浅い方はわかりにくいかもしれません・・・)。要は、相場が上昇しようが下落しようが利益を出せるのです。

 

 

ヘッジファンドの運用手法にもいくつかあります。

 

1)グローバルマクロ

世界経済全体や地政学リスク、政治等、ファンダメンタルを幅広く分析し、自身が描くシナリオに沿って運用を行います。ヘッジファンドの王道の運用手法です。テクニカル分析も取り入れており、幅広い観点からマーケットを見ていきます。投資対象としては株式、為替、債券、金利、各種先物等、全てが投資対象になり得ます。

 

2)ロングショート

「買い」と「売り」を両建てし、その差益を狙います。例えば、A社の企業業績の増益が見込めるため、株を買うとします。しかし、日経平均株価全体が下落する中では、個別企業の良し悪しは関係なく、株は売られてしまいます。これを避けるため、A社の株を買うと同時に、日経平均を売ります。これにより、仮にマーケット全体が下落しても、その下落幅よりA社の下落幅が緩やか(=業績が良いので)であれば、利益が出せるのです。

 

3)イベントドリブン

 指標発表や要人発言などのイベントに焦点を合わせる投資手法です。市場の予想と結果を自分なりに分析し、そのギャップを狙いにいきます。

 

4)アービトラージ

日本語では裁定取引と言われ、マーケットに生まれる僅かなギャップを見つけ、そのギャップに売りと買いと両建てします。そしてそのギャップが閉じた時、ポジションをクローズし、利益を狙います。

 

 

今回は(1)のグローバルマクロの運用手法を公開していきます。なぜグローバルマクロか?それは、プロとアマチュアとの情報量に差がない分野(情報をどこで入手するかは、本編でお伝えします。もちろんお金はかかりません)であり、「個人投資家にもできる」分野だからです。ロングショートは個別企業の分析をするのに非常に時間がかかり個人投資家には不利ですし、イベントドリブンは、市場の分析を凌駕する分析が求められ、個人では圧倒的に情報量が不利です。アービトラージも、人間ではなくコンピューターでシステム的に取引されているのが実情であるため、個人投資家には適さないのです。

 

 

繰り返しですが、この手法を身に着けることにより、マーケットが上昇しようが下落しようが利益を狙えるようになります。リターンを少なくして、その分リスクを減らしたりすることも、各々でアレンジ可能です。長期的に見て、このスキルは皆様に多方面から大きな利益をもたらしてくれると、僕は信じています。特に、20代、30代の若い方は、複利効果が得られるので必見です。

 

 

 興味を持っていただけたでしょうか?

 

 

まず今やることは、「下記のメルマガに登録する」だけ!

 ☆メルマガ登録はこちら➡ http://goo.gl/forms/Eo9K1Bxc5c

 

僕もこの「グローバルマクロ」のスキルを習得するにあたり、多くの時間とお金を費やし、努力しました。それを、今回試験的に無料で提供します。無料と言うと逆に怪しまれるのですが、今は新規事業立ち上げの段階で知名度ゼロなので、有料にしたところで誰も来てくれないためです。。。 これで皆さんが儲かってくれたら、本格的に事業として有料化していきます。

 

 

過去とは違い、私たちは国や銀行、企業に頼っていては安心した将来を手に入れることはできません。この機会にぜひ生涯使えるトレード手法を習得し、より良い未来を創っていきましょう!

スポンサーリンク